アパート探しや部屋探しにおける仲介手数料

アパート探しや部屋探しにおける仲介手数料の注意点とポイント 宅地建物取引業法で仲介業者が受け取ることが出来る賃借仲介の仲介手数料は、家主・借主双方からの合計が、家賃の1ヶ月分までと厳しく規制されています。


従って、借主は承諾しないかぎり、仲介業者に支払う仲介手数料は税抜き家賃(1ヶ月分)×0.525で良いことになる。これもトラブルことがあるので、契約前に業者に充分確認しましょう。

仲介手数料が不要な物件もある一方、しっかり家賃の一ヶ月分を取られる物件もある。
礼金を宣伝費等の名目で業者が家主からもらっている場合もあるので、仲介手数料の値引き交渉をしてみるのもおもしろい。


My Site 「賃貸アパートの仲介手数料」から抜粋